読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪態・もののけ速報

不思議・奇怪・奇妙な事柄を集めているブログです。

「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ」…

犯罪・事件 生活・日常・仕事など

「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ」…

94: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 13:26:31.09 id:QpR4W6p2.net
十数年前の話、そろそろ部屋を掃除しなくてはやばいなぁ,と思いながら帰ったら,
アパートの前にパトカーが止まっていた。
部屋のドアの前で隣人のA氏と警察官が何やら話をしているのが見えたので野次馬的に声をかけてみた。

A氏が近くのコンビニに行った10分の間に空き巣が入り込み,
約10万円の現金を盗まれたとのことだった。
A氏や警察と一旦話を終え,とりあえず荷物を置くために自分の部屋に戻る。
ベッドに荷物を置いたとき,自分の部屋の中が土足で汚されているのに気付いた。

「なぜだ??玄関はしっかり鍵をかけていたのに??」
周囲を見渡した私の目の前に全開の窓があった。
・・・あ,朝余りにも暑かったから,窓を開けたまま外出したんだっけ・・・
ちなみに部屋は1階,侵入は容易であった

とりあえず気を落ち着けようと,部屋を注意深く見渡し,
盗まれたものが無いことを確認して安心する。
そしてその場からドア外の通路にいる警察官に向かって叫んだ
「私の部屋にも泥棒が入っていました!証拠の足跡がいっぱい残っています!!」
警察官から返事が返ってくる
「分かりました!すぐ行きますから部屋をそのままにしておいてください!」

私「・・・え?」
・・・・・・部屋を・・・そのまま・・・?
部屋を振り返って青ざめる私。そこにあるのは腐海の森・・・。
(冷汗)・・・ま,まずい・・・!!

 

スポンサードリンク

 

 

95: 部屋と警察と私2@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 13:28:10.71 id:QpR4W6p2.net
約10分後,私の部屋の玄関で立ちすくむ警察官の姿があった。
警察「これ・・・,泥棒が荒らしたんですか・・・!?」
私「・・・・・・・・・・・・いえ,自分です・・・。」
警察「え・・・・・・」
私「・・・・・・」
ぐおおぉぉぉぉ!!痛い!心が痛いよ。ママン!(血涙)

部屋の中に入った警察官はなにやら足跡を観察する。
そして「分かりました。それでは―――」
・・・うんうん。(早くこの部屋から出ていって下さい!)
「もうすぐ鑑識の者があと3人来ますのでこのまま待っていて下さい」

     嫌あああああぁぁぁぁ!!

約20分後,玄関を開けたときの鑑識の人たちの呆然とした顔が忘れられない・・・。
とりあえず部屋に残った指紋の検出等の捜査が始まる。

鑑識「このへんの荷物,押入れの中に入れてもいいですか?」
私「あ,そこは・・・!」
ガラっと押入を開けて少しの間,固まった鑑識はそのまま黙って扉を閉じる。
・・・お願い,何かしゃべって・・・(涙)

「右足の置き場がないな・・・」「これパンツか??」ごめんなさいぃぃ。

 

96: 部屋と警察と私3@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 13:29:31.98 id:QpR4W6p2.net
一時間後
鑑識「あのー,指紋の方が終わりましたので―――」
(・・・や,やっと帰ってくれるのか・・・,長かった,本当に長かった・・・)

鑑識「あなたと,この部屋の写真を撮らさせていただきます」

い,嫌ああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!(血涙)

それから部屋の中を隅から隅までくまなく撮られた後,
なんとかこの部屋から出ていってくれた・・・。

鑑識が帰る間際に一つ尋ねてみる。
私「あのー,その写真どの位保存して置くんですか?」
警察「最低10年間は保管していますね。」

・・・き,訊かなければ良かった・・・・・・・・・・・・

結局犯人は捕まらず、それ以来私の部屋は一応整頓された部屋になった。

しかし,この事件を思い出すたびに思うことがある。

「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ」



参照元
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1424341585/

 

スポンサードリンク

 

 

「空き巣」なう―プロの空き巣が「この道半世紀」を語る

「空き巣」なう―プロの空き巣が「この道半世紀」を語る

 

 

getnews.jp

 

www.mononokereport.com

www.mononokereport.com

www.mononokereport.com