読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪態・もののけ速報

不思議・奇怪・奇妙な事柄を集めているブログです。

栗の花の香り

 

www.mononokereport.com

 

 栗の花の香り

59: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/01(木) 20:59:37.44 id:KbQ5bD9S0.net
あけおめー
長いけど子供の時の謎記憶ってやつね

小学低学年の時くらいにある親戚の人達がウチに泊まる事がよくあってその中に中学生の子がいたんだ
何故か俺はそいつをお兄ちゃんて呼んでて子供も他にいないし大した娯楽もないから二人で外で遊んで結構親しかっし楽しかった
当時の俺は突然夜に目を覚ます事となんでもかんでも味と匂いを確かめる変な癖があって親によく怪訝な顔をされたんだが、流石に味は無理だったが俺はお兄ちゃんの匂いもバレないように嗅いでた
ウチに来た直後はその一家独特の匂いがしたし外で遊んだ後は当然泥と汗臭いとかして色々あったが何が面白いのか俺はその変態行為を楽しんでた
例の如く夜中に目を覚ますんだがその日は全然眠りに付けなくて寝返りばっかり打ってたら一緒に横で寝てたお兄ちゃんがうるさかったのか起きて
コッソリ抜け出して普段親には行くなって言われてる近くの山に行くことにした
手を繋いで一緒に入り口まで歩くがたどり着く前に俺が眠くなって引き返す
俺が夜中に目を覚ます度にそうするのが恒例行事になってて山に入ることもなかったから相当ウザかったんだろうが何も言わずに散歩してくれたわ

 

60: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/01(木) 21:00:47.07 id:KbQ5bD9S0.net
>>59の続き
そういう事が何回かあってそういえばやろうやろうと思って寝ぼけて忘れてた、布団にかき消される前の帰った時の匂いと味を確かめるってのついにやれたわけだが
なんというか今までに嗅いだことのない変な匂いで苦かった
思わずなんか変な匂いするねみたいなことを言ったんだと思うが
曰く山沿いの道は栗の花が咲いてるからそれが移ったって言うが栗は食物だろって言おうとして言わなかったはず
俺みたいに意識しないと分からない程度だから親に匂いで夜な夜な抜け出してるのがバレることもなかったし俺も毎回同じ変な匂いと味で飽きた
そういう事が何回かあって、ある日ついに抜け出したのがバレたのかお兄ちゃんが怒られててそれと重なるように親戚一家はウチに来なくなった

何が謎記憶かって大人になった今お兄ちゃんの事を親に聞いてもそんな人いなかったみたいな事を言われるし
お兄ちゃんお兄ちゃん言ってたせいか下の名前をイマイチ思い出せない
それに山沿いの道にも栗の木なんてないし同じ匂い発生源もない
一緒遊んでた記憶は絶対だし会いたいとは思わないがモヤモヤするんだよなぁ



参照元
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1418928937/

 

スポンサードリンク

 

 

匂いの人類学 鼻は知っている

匂いの人類学 鼻は知っている

  • 作者: エイヴリーギルバート,勅使河原まゆみ
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 24回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

www.excite.co.jp

 

 

www.mononokereport.com

www.mononokereport.com

www.mononokereport.com

 

アクセスランキング ブログパーツ