読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪態・もののけ速報

不思議・奇怪・奇妙な事柄を集めているブログです。

まだ歩くけど一緒に来るか?

 

www.mononokereport.com

 

まだ歩くけど一緒に来るか?

142: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 00:13:26.42 id:EAujzIsa0.net
今日思い出した話。
小学校5年の時、友達5~6人で秘密基地を作って遊んでた。私は結構真剣に作ってい
たんだけど、2~3人は飽きて途中から別の事しだした。で、気がつくとその別の事し
てる友達が知らないおじさんと楽しそうに話をしているのが見えた。聞くと歩くのが
趣味のおじさんで、20㎞ほど離れたところから歩いてきたということだった。子供の
私たちからすると、それは物凄いことで、おじさんがヒーローに見えた。
それからおじさんは、まだ歩くけど一緒に来るか?と誘ってきたので、秘密基地はや
めて、ついて行くことにした。
私の住んでいた町は、山を切り開いて出来た新興住宅地で、山に囲まれている。おじさんが入っていった道は、山に入って行く道で、私たちは存在は知っていたけど、用
事がないので入った事がなく、先に何があるのか誰も知らなかった。ちゃんと舗装さ
れた道で、明るかったので特に不安はなかった。しはらくすると、開けた駐車場につ
き、そこから上に行ったところに家が並んでいるのが見えた。10軒くらいあったと思
う。探索すると、家の表札は全てアルファベットの外国人のなまえで、雨戸がすべて
閉まっていた。人が住んでいる気配はなく
手入れがされている様子もなかった。
私たちはゴーストタウンを見つけたと、は
しゃいだが、すぐに飽きて帰ることにしたおじさんは、私たちを町まで送ると、そこで別れた。

何だろうこの記憶、べつに事実でも不思議はないけどなんか、モヤモヤする
ゴーストタウンがあったであろう場所を、
グーグルマップで見ると、マンションにな
ってた



参照元
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1418928937/

 

スポンサードリンク

 

 

 

海に沈んだ町 (朝日文庫)

海に沈んだ町 (朝日文庫)

 

 

アクセスランキング ブログパーツ